2019年02月27日

Go ! いけとも ♪

Go ! いけとも ♪



久しぶりに Go ! いけとも  平成31年春号 を発行いたしました。

先月 入院中に 病室にパソコンを持ち込んで書いたのですが
Wi-Fiも使えず ネット環境になかったので 暇にあかせて 結構考えました (^O^)/

トップページの巻頭言を記しますので
文字のお好きな方だけ ご笑読いただければ大変幸いに存じます ♪


新しい時代に向け「心」新たに ! !

本年5月に元号が変わり、新しい時代を迎えます。
平成元年、日本ではバブルが崩壊し、100兆円の不良債権の処理に時間がかかり、
国際的にはベルリンの壁が破れ、東西冷戦が終結しましたが、
平成10年前後から宗教・民族紛争、テロが世界各地で起こるようになりました。

平成20年にはリーマンショックがあり、日本も世界も深い傷を負いました。

そして平成の最後にきて、米中対立やEUの不安定な状況、
冷戦後最悪ともいわれる米露対立の激化、中東の動乱など、
秩序は安定しておりませんが、この間、世の中はますますグローバル化し、
デジタル化が急速に進みました。

思えば平成一ケタの最初の10年間、
私は30歳代で地元の敬愛する先輩方や友人・後輩たちと一緒に、
商店街や小学校のPTA・地域の子ども会の役員、
そして青年会議所・商工会議所青年部の役員として活動しておりました。

二ケタとなった中期の10年間は、地方分権一括法が施行されるとともに、
平成の大合併が進み、蕨市でも三市合併の動きがあって、
地方自治ということに大きな興味を抱くようになりました。

そして今日までの後半の12年ほどは、
市議会議員として市政に携わらせていただくこととなりました。

地方分権が推進される中、市民の皆様に最も身近な行政は、
地方公共団体が自主的かつ総合的に広く担うよう求められており、
基礎自治体が果たすべき役割は、ますます重要になってきております。

私はこれからも市民の皆様の一番近いところで働かせていただいている市議会議員として、
最先端で市民の誰もが「住みたい、住んでよかった、住み続けたい」と願うまちを目指して、
さまざまな施策の実現に、全力で取り組んでまいる所存です。

現在のこの激動の社会経済情勢をふまえると、今まさに求められているのは、
蕨市がこれからも、持続可能なまちづくりを実現するための戦略であり、
まちづくりに果敢に取り組む姿勢でありましょう。
新しい時代に向け「心」新たに、改革意識を持ち続けて、
本年もさまざまな課題に進取果断に取り組んでまいります。

今任期は前半の二年間は、蕨市議会保守系最大会派「新生会会長」として、
また昨年は五年ぶり二度目の「蕨市議会議長」として市政にかかわらせていただきました。

新たな元号を迎えるにあたり。改めて初心に立ち返り、
これからも、ますます元気で蕨市の活性化のため頑張ってまいりますので、
皆様方の変わらぬご指導・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。