2021年03月17日

春の心 ♪

春の心 ♪



今日は 春のお彼岸の入り でした。

一昨日の月曜日 墓参に行ったのですが 
ほぼほぼ毎年 市議会本会議の日と重なり 
ほぼほぼ毎年 朝 墓参してから登庁するのが常でしたので
今日も それに倣いました。
菩提寺が すぐそばですから 私のルーティン なのでしょう (^O^)/

↑ 画像は カミさんが 同じく一昨日の月曜日に
岳父の墓参に行った際に 大宮の霊園で撮った 桜 だそうです。

だそうです。
というのは 私は所用があって同行できなかったからであります。


まっ いいです (^O^)/


さて ・・・・・

『世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』

在原業平が詠んだ歌です。

この世の中に まったく 桜 というものがなかったなら
春を過ごす人の心は どんなにのどかであることでしょう。

本来 春は のどかな季節であるのに 人は桜が咲くのを待ち
散るのが気になり落ち着きません。
桜があるために 人々の心が穏やかでないことを述べて
人の心を 騒ぎ立てる力のある 
桜の素晴らしさを伝えようとしている歌なのでしょう。

コロナ禍の今に 問いかけているようでもあります。

どうやら 21日(日)で 一都三県の緊急事態宣言が解除されるようですが
メディアは 「リバウンドの懸念」 などと厳しい状況を伝える一方
「今年の花見は」 なぞと駆り立てているようにも感じます。

人間 楽しい方に目が向くのはトーゼンで
陽気もよくなったし ひとつ花見でも催そうか ということになりましょう。

影の薄かった 緊急事態宣言 の効果が 
ヒジョーに心配な 春の心 であります (≧・≦)






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。