2021年03月14日

将棋崩し (^O^)/

将棋崩し (^O^)/



昨今の 将棋ブーム の余波でしょうか スポーツ新聞のコラムで
大阪府高槻市は 山形県天童市 兵庫県加古川市 とともに
将棋のまち だということでした。

私も小学生の頃は 将棋が好きでした。
そんなに強くはなかったですけど 相手がみんな弱かったので (^O^)/
負けた という記憶は あんまりありません (^O^)/

一番よくやったのは 将棋崩し です。

将棋の駒と将棋盤を用いた 遊びの一種で 厳密な規定がないため
地域や集団により 様々なローカルルールが存在しているそうですが
蕨のルールは ・・・・・

駒を動かす際に 音を立てたり持ち上げたりしちゃダメ。

1本の指 だけで 駒を将棋盤の外まで何枚かずつ滑らせていって
盤の外まで運ぶと それが得点になる。

駒を倒したり 積み重なっている駒を崩したりして音を立てたときは
次の順番のやつに交代する。

全ての駒が無くなった時点でおしまい。

というものだったような記憶があります。

将棋ほどアタマをつかわなくっていいので はやったのでしょう (^O^)/


まっ いいです (^O^)/


このコラムを読んで もう10年以上前のことになりますが 
私が市議会議員一期生の時に 教育まちづくり常任委員会で
高槻市に先進地行政視察に伺ったことを思い出しました。

“ まちが元気なうちに早めに手を打っておきたい ”

ということで 平成18年から中心市街地活性化に取り組んでこられ
高槻都市開発株式会社の社長は 高槻市の元助役様でありました。

その二年後には 豊後高田市観光まちづくり株式会社 に行きましたが
両市の 第3セクターの まちづくり会社 の資本金は
いずれも 1億円ほど。
そして いずれも 市が 5,000万円程度 出資しておりました。

中心市街地整備推進機構 は 
まちづくり会社 に替わる団体であります。

株式会社の出資金ではなく 一般社団法人でありますから
株式券もなく 無論 配当もなく ・・・・・

ただ純粋に このまちが大好きで
なんとかして 蕨を もう一度 元気なまちにしたい !

という いわば 篤志家の会費によって運営している団体 であります。

市ご当局の よりいっそう強力な支援を 切に願うものであります。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。