2020年09月19日

御始末 (^O^)/

御始末 (^O^)/



今日は お彼岸の入りですので 早起きして
お仏壇を整え お墓のそうじ を してまいりました。

さて ・・・・・
工場・倉庫・車庫 そして 自宅の解体が今月末から始まり
お引越しするので 本の整理をしていたら さきほど
浅田次郎 著 《五郎治殿御始末》 を めっけちゃって
付箋紙を貼ってるところを しばし読み返してしまいました (^O^)/

武士の世が消え 明治維新の大失業にも
自らの誇りを貫いた侍たちの
新しき世を生きる物語の短編集で
カンドーテキなフレーズがちりばめられております。

“ 国家が権力であってはならない。
 国民の暮らしを安んずる機構こそが国家である。
その目的だけが達成されるのであれば
天下は誰が動かそうとかまわない。 ”


新しい総理が誕生した今 ・・・・・

壬生義士伝などの長編の映画も とてもいいですが
鉄道員・ラブレター・角筈にて・プリズンホテル・一路  
そして 柘榴坂の仇討 同様
この短編集の作品の映画化・ドラマ化を望むものであります ♪





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。