2020年09月14日

巻頭言 ♪

巻頭言 ♪



じっつに ドーデモいいことばかり書いていると よろしくないので
さきほど校了した 令政クラブレポート 初秋号の巻頭言 を記します。


今年は新型コロナウイルス感染症という、これまで経験したことのない事態が発生し、
緊急事態宣言が国から発出され、知事による休業要請なども行われました。

その中で、国・県・市のどこがリーダーシップを発揮し、主導するのがいいのか。
例えば海外から入ってくる方々についての政策は当然、国でありましょう。
一方、身近な市民生活については、市のほうがダイレクトにニーズを把握できます。
だからこそ、市民生活に関することは基礎自治体がリーダーシップを発揮して、
スピード感ある実効性の高い施策をとっていくべきであります。

新型コロナウイルスの感染拡大で、世の中は大きく変わりました。
地方自治体は自身の責任と判断で進むべき方向を決定し、
自立した行政経営を行うことが求められており、
蕨市においても、劇的に変化する社会情勢を鑑み、
将来にわたる持続的な発展を目指す必要があります。

令政クラブは、誰もが「安全で安心して暮らせる」まちの実現に向け、
さらなる防災・防犯・福祉の充実、教育の充実、
社会資本の整備等に積極的に取り組んでまいります。

令政クラブ会長  池上 智康


10月1日に 各戸配布される予定です。
巻頭言以外は 令政クラブ所属議員各位が担当し
それぞれの視点で 詳しくレポートしてくださっておりますので
ぜひお読みくださいませ ♪






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。