2019年09月29日

続・働き方改革♪

続・働き方改革♪



9月28日(土) 北町コミュニティセンターと隣接する北町公園で
“北町ハンドメイドストリート” と銘打った マルシェ が開催されました。
若い パパ ママ お子さん で おおいに賑わっておりました。

蕨市の 協働提案事業 ですが 他の催事と違って
来場者の層が 若いことに 感銘を受けました。


まっ いいです (^O^)/


ということで 働き方改革の続編 再質問要旨 であります (^O^)/


再質問ですが 今回は 人生100年時代を見据える施策
特に 働き方改革 に関連するテーマを 取り上げさせていただきました。
市議会議員一般選挙 改選後 初の定例会ですから
基本的なお考えを聞くことにして 
あとは自分の考え 所感を述べさせていただきます。

大きく三つのテーマを取り上げさせていただきましたが
それぞれ関連する事案 ということで 順番が多少前後したり 
あっちこっち行ったりするのは お許しください。

まず 公益的法人への職員の派遣について ですが
法人等の認識と 派遣可能な法人 につきましては 
ご答弁の通りだと思います。
公益的法人等への職員の派遣等に関する条例 について
埼玉県内の市や 本市と同規模の自治体の条例を いくつか見たのですが

(職員の派遣) という条項の中で

一つは 任命権者は、次に掲げる団体との間の取決めに基づき、
当該団体の業務にその役職員として
専ら従事させるため、職員を派遣することができる。 
と 社会福祉法人や公益財団法人 一般社団法人などの法人名を きっちりと
条例で定めているところもありますし

二つ目には 市が基本金 その他これに準ずるものを出資しているもの
市から委託を受け 又は 市と共同して行う業務を実施するもの
地方行政に資する事業を 広域的に行っているもの   
と 法人名は明確に 規定していないところもありますし 

三つ目には 市が基本金 その他 これに準ずるものを出資している団体のうち
規則で定めるもの  としているところもあります。


条例の制定を 検討する という 大変前向きなご答弁をいただきましたが
本市においては 大きく この三つのパターンのうち 現在のところ 
どのようにお考えでしょうか。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。