2019年04月04日

歴史について ♪

歴史について ♪



新元号が 令和 に決まりました。
昨日 蕨市体育協会の正副会長会議があったのですが
事業計画案と収支予算案は 令和元年度 と表記されていました。

新しい時代が始まるのだな と思いました。

・・・・・ で 昨夜 遅ればせながら、
シリーズ累計450万部突破!
万人の心を打ち続ける感動大作・浅田次郎  『蒼穹の昴』 シリーズ
歴史小説 「マンチュリアン・リポート」 を一気読みしました。

感動の名作「蒼穹の昴」、「珍妃の井戸」、「中原の虹」と読み継いできたので、
早く読みたかったのですが、忙しさにかまけて、昨夜になってしまいました。


まっ いいです  (^O^)/


張作霖の最後を、陸軍中尉が特命で現地調査する話で ・・・・・
陸軍中尉の報告書と、張作霖を乗せた機関車の独白で構成されていました。

剛胆にして繊細。 優しくて非情。
流民の子から馬賊の長にのしあがり、ついには中国全土をも手に入れかけた、
稀代の英雄・張作霖の、壮絶なる最期。

学校の社会科で教わる歴史も大切ですが ・・・・・
人々が活き活きと描かれている、小説で知る歴史というのもいいものです。
歴史は人が創るもので、暗記する類のものではない、とつくづく思いました。

無論 フィクション であることは承知してますが、
もしかしたら こういう人だったのかもしれない、
と 思えるような小説に出会えるのは、素敵なことです。

299ページの 「軍人は忠義であるよりも、正義でなければならぬ」

という 台詞 には ・・・・・

軍人に限ったことではあるまい と 深く考えさせられました。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。