2018年12月22日

忘年会にて ♪

忘年会にて ♪



12月22日(土) 冬至 午後0時30分より 

【 蕨明るい社会づくり推進の会 】

の 忘年会が開催され 一言ご挨拶させていただきました。

清掃奉仕  サンクチュアリ奉仕  献血協力  手話ダンス奉仕
ユニークダンス奉仕  スマイラ松原奉仕  愛のタオル運動 などなど

善意をもって お互いが信じあい助けあって
明るく住みよい社会を作るため
身近な奉仕活動を展開されている皆様です。

さて 新聞の投書欄に 直木賞作家の 青山文平さんの受賞短編集
「つまをめとらば」 の一節がひかれており しばし考えさせられました。

“ 齢を重ねるにつれて 分かったことが増えたが 分からないことも増えた。
 でも それがわるいとは思わないし いやでもない ”


たとえ 答えが見つからなくとも 不断に探し続けてこそ 道が開ける。
人生にも 政治の世界にも そして 明るい社会づくりにも 通じることでありましょう ♪

私もさまざまな場面で
これらの奉仕活動をされているお姿を お見かけいたしますが
明社の皆様方の 不断の活動に 心から敬意と感謝の意を表するとともに
運動の輪が ますます広がりますことを 心から祈念する次第であります ♪






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。