2018年10月10日

蕨の言いぐさ (^O^)/





郷土史家 故・池田喜重先生が、昭和62年に刊行された


『 蕨の言いぐさ 』 


という冊子を、昨夜手に取りました。

方言と俚言、俗信によって構成された冊子で、
大変興味深く読ませていただきました。

そういえば、幼いころ ・・・・・
僕の家 のことを オレンチ とか、
君の家 のことを オメンチ とか、
終わりにしよう ということを オシメーニシヨー
っっって 言ってたなぁ  (^O^)/

と 思い出しましたし、俗信の部では ・・・・・

“ お墓で転んだ時は、死霊がとりつかないように、
  その場所の土を取って舐めるんだぞ。 ”

なぞと 明治生まれの祖父母に言い聞かせられていたことを
懐かしく思い出しました。

滅び去ってゆくものは、どうすることもできませんが、
それらを記録に残しておく、というのは実に尊いことでありましょう。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。