2018年07月18日

仲間とは何か♪





今、社会福祉法人みぬま福祉会 総合施設長の敬愛する松本哲先生の
「その花が咲くとき」 という本を読んでいます。

「仲間」 とは何か ということを 芯から教えてくれる傑作で 
時折 嗚咽しながら読んでます。

私の次男は、 脳性巨人症 という 先天性の重度知的障害者 です。
私は かつて たぶん傲慢な人間 でしたが
次男が生まれてから、それまでよりも 
少しだけ優しい人間になれたような気がしています。

なぜかというと ・・・・・
あすなろ学園という通所施設で出会った先生方やケースワーカーさん、
児童相談所のカウンセラーさん、医療センターの理学療法士さん、
北小の養護学級や、浦和養護学校の先生方、
今、通所させていただいているスマイラ松原、社会福祉協議会の皆様方 
そして障害を持つ方々や、そのご家族の皆さんと日々接する中で
いろいろと感銘を受けたり、励まされたりしてきたからです。

そういった中で、もう四半世紀ほど前になるでしょうか。
ある社会福祉法人を見学に行った際、そこの施設長さんが 
私にくださった広報紙の中に、利用者のお母さんが書かれていたもので 
以後、私が大好きになったフレーズがありますので、
今日は、それを紹介させていただきます。

家族と一緒に笑う    仲間と一緒に笑う
それだけで 人間は 生まれてきた価値がある。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。