2018年06月09日

賢者の贈り物(^O^)/






【 賢者の贈り物 】 
は オー・ヘンリーの代表作である、
贈り物をめぐる行き違いを描いた短編小説の題名です。

貧しい夫妻が、お互いクリスマスプレゼントを買うお金を工面しようとします。
妻は、夫が グランパとパパから受け継いで大切にしている
金の懐中時計を吊るす 鎖 を買うために、
自慢の髪を、美容室でバッサリ切り落とし、売ってしまいます。
一方、夫は、妻が欲しがっていた べっこうのくし を買うために、
自慢の懐中時計を質に入れていたのでありました。

物語の結末で、この 愚かな行き違い は、
しかし、 最も賢明な行為であった と結ばれています ♪


まっ いいです (^O^)/


6月9日 土曜日の朝 盟友 (有)池田家商店社長様 が
唐突に 我が家にお越しになられました (^O^)/

現在お住まいの秩父から 岩手の山奥に行って
天然の岩魚と鮎 を いっぱい釣ってきたから、塩焼きにしな ♪
とのことでありました。

我が家に来る前に お店に寄って
岩魚と鮎と せんべいを物々交換したとのことでありました (^O^)/

私は カミさんから 自由人 と言われますが (^O^)/
(有)池田家商店社長様は 途方もない 自由人 であります (^O^)/

まぁちゃん アリガトー。
持つべきものは お友だち であります。

また 釣ってきてね (^O^)/





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。