2007年04月09日

プロフィール - 6

プロフィール - 6




昭和59年、私の地元の本町通り商店会では、商店会に青年部が出来、
名前も中仙道商店会と改名したことを記念して、
なにかイベントを行おう、という機運が盛り上がりました。

当時は4月1日に苗木市が行われていたので、この時にカラオケ大会でもやろうか…
ということになり、出場者も募って当日を待っていたのですが、
幸か不幸か当日雨が降って苗木市自体が中止となりました。

それでは半年後の11月3日・文化の日あたりまでに、充分準備をして、
単発で終わらない新しいイベントを始めよう、
池上ともやす が一番若いから事務局をやれ、ということで、
見るまつりから参加するまつりへ…を具体的目標に掲げて始まったのが宿場まつりであります。

これまた、まったくのゼロからのスタートでしたので、当日は3.000人くらい人が集まってくれればいいな、
と思っていたのですが、フタをあけたらその10倍ではきかない、
40.000人もの人々がこの宿場まつりに来てくださいました。

この時にも、自分たちが一所懸命頑張ることによって、まちの人々が喜んでくださる喜びを実感し、
蕨の人々や蕨を思う気持ちが強まり、宿場まつりが拡大していくなかで郷土愛が物凄く深まっていきました。







上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。