2019年10月03日

働き方改革3 ♪





日本が誇る民生委員制度も 
委員は60代以上が85%と高齢化すると同時に 
なり手不足が 大変懸念されております。

急速に進む高齢化や ひとり親世帯の増加
自然環境  社会・経済情勢の変化などで 
民生委員の負担は 拡大し続けており
人材確保対策の面からも市独自の財政支援は不可欠でありますので
今後も さらなる前向きな検討を続けていただきたいと思います。

また 職員派遣制度の創設や RPAの導入で 
職員の皆さんの日常に 余裕が生まれれば
様々な業務改革のアイデアが生まれてくるはずです。

今後到来する人生100年時代を健康長寿100年時代にするためには
予防の強化が必要です。
そして 社会環境には ハード面での 建造物環境
ソフト面での 人々のつながり 
つまり ソーシャルキャピタル をはじめとした多面性があります。

ですから 今回 私は 第三地域包括に限らず 市内全地区で
インフォーマルサービスを充実させて 
身近な地域で 多様な活動を行う仕組み とは ということで 
働き方改革 につながるものを をテーマとして取り上げ 
その基本的なお考えを お聞きいたしましたが
今後も 継続して取り上げていきたいと思います。



  


Posted by iketomo at 17:13Comments(0)