2009年02月07日

新生会ニュースvol.3







本日 2月8日  【 新生会ニュース 第3号 】  が 発行されました。


私は 広報担当 でも ありますんで  (^O^)/
今日の午前中・・・・・
早速 会派の 8名の議員さんのお宅へ ひとしめ 500部づつ 配達し、
あとは 9日の月曜日に エノ企画さんから 直接 シルバー人材センターへ持ち込まれ、
来週中には 市内全域に 各戸配布 される手筈 となっております。


んで・・・・・・・・・
すべての 原稿を データで持っているんですが (^O^)/
一足先に ウェブ上 で・・・
私の原稿だけ アップすることといたしました ♪


読んでね ♪



*********************************







創意と工夫をもって積極果敢に!
池上 智康  北町3-4-27   431-2438


「派遣切れ」労働者の「年越し派遣村」の暗いニュースで明けた平成21年。
「百年に一度の経済不況」で、今年は痛みが激痛に変わる年になるそうです。
近い将来の消費税率アップの議論もかまびすしくなってまいりました。
事業所や商店、そして商店街が疲弊していくスピードは、
想像がつかないくらい早まっている気がいたします。

そのような中、お正月の2日、3日に行われた
箱根大学駅伝のテレビ中継は、抜群の高視聴率でした。
中継した放送局は、演出効果の成果だと発表しておりましたが、
私はもっと深い理由があるのだと考えています。

人々がお屠蘇気分に浸る正月早々、歯をくいしばり、
死に物狂いで走る若いランナーの姿に自分をだぶらせ、
サバイバルイアーを生き抜く元気と勇気をもらおうとする人が多かったから、
だとはいえないでしょうか。

私も寒風が吹きすさぶ箱根をひた走る学生ランナーを見ながら、
おおいに元気と勇気をもらいました。

さてそのお正月、1月1日付けで
新たに3名の保守系議員が合流され9名の会派となり、
議員定数の半数を占めるようになった新生会で、
幹事長という重責を担うこととなりました。

地方分権が進む中、こういう厳しい時だからこそ
9名が一枚岩となり政策形成能力を高め、
喫緊の課題である高齢化対策、少子化対策や商店街の活性化対策など、
市民生活に直結したさまざまな行政課題に、
創意と工夫をもって積極果敢に取り組んでまいりたい、と決意を新たにしております。
市民の皆様方の、より一層のご支援、ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

  


Posted by iketomo at 13:03Comments(0)